事実を確認して生活を立て直すために依頼する探偵の浮気調査

浮気や不倫問題に直面した時、相手の言動に不審を感じたり疑いを持つようになってしまうことと思います。

しかしその時点ではそれは憶測でしかありませんので、問題を解決するためには事実を確認する必要が出てきます。

夫や妻である配偶者や、婚約者または恋人が浮気をしていると思われる時に探偵の浮気調査を依頼することになるでしょう。

この時に”不貞行為”とみなされるのは、配偶者以外の異性と継続した肉体関係がある場合を指し1度きりの関係は該当しませんのでご注意下さい。

探偵による浮気調査でメインとなる方法は、対象者への尾行と張り込みです。

行動を尾行して、長時間いても不審に思われない場所で待ちながら調査が行われることになります。

疑いが事実と確認された場合は、証拠となる写真などが撮影されることになります。

決まった相手との出入りが確認できるように出来るだけ鮮明な画像が必要となりますが、盗撮にはならないことが大前提ですので探偵としての技術が求められる場面ともいえるでしょう。

調査中の現場で調査員が見たことや起こった出来事などは、一早く伝えることで依頼者が以後の行動や展開を考える材料とされています。

浮気調査を適切な費用で依頼したいなら、探偵に任せきりにせずに事前情報を集めておくことが肝心といわれています。

調査日数は平均1週間ほどになる場合が多く、1日当たりの費用は10万円が平均値とされていますが実際には30~60万円ほどとなるケースが多いようです。

調査費の内訳には報告書作成費や機材費も含まれていますが、後から飲食代や高速料金代などが必要経費として請求される場合もありますので注意が必要です。

上記の料金はあくまで目安であり、探偵事務所によって変動することを忘れないようにして下さい。

探偵に浮気調査を依頼すると疑いが事実と判明した場合には、離婚理由となる物証を提出できるようになるでしょう。

浮気が勘違いであったと判明した場合は、以後は相手を信頼することで生活が取り戻せるかもしれません。

関連記事

  1. 探偵に浮気調査を頼むときは

  2. 探偵の浮気調査という仕事

  3. 現代の探偵

  4. GPSで自分で浮気調査をするメリットデメリット

  5. 夫が浮気をしている?と思ったら、迷わずプロに相談。

  6. 探偵の浮気調査が一番信頼が置けます

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。