夫が浮気をしている?と思ったら、迷わずプロに相談。

「出張の予定や残業が急に増えた」「どこに行くにもスマホを手放さない」「身だしなみに気を遣うようになった」など、日常生活にある何気ない行動が実は浮気のサインかもしれません。

あなたのご主人にこんな変化が見られたら、まずは冷静さを保ち日々の行動観察の記録を取るようにしてみましょう。

ご主人の行動をチェックするのに役立つのがクレジットカードの明細や買い物のレシート。それを見れば、いつどこで何を購入しているのかが一目瞭然です。

出社時間・帰宅時間のチェックとともにぜひ記録に取るようにしてみましょう。

しばらく記録を取っていると、○曜日の○時はこの店によく行っているようだなどのご主人の行動の規則性が見えてくるかもしれません。

そうなってくるとご主人に問い詰めたくなりますが、焦りは禁物。

なぜなら、これではまだ確実な浮気の証拠にはならないからです。だからと言って、ご自分でご主人を尾行して証拠写真を撮ろうなんて夢にも思わないこと。

証拠写真には誰が見ても個人が特定できる鮮明さが必要で、アングルや画質が悪い写真が撮れたところで「俺じゃない」と否定されるのが関の山です。

まして相手の女性がどんな素性かもわからないし、何をされるかわからないので直接対決は絶対にしないでください。

安全に決定的な証拠をつかむには、やはりプロに頼むのが一番です。多くの探偵会社では浮気調査を請け負っていて、窓口相談のほか電話やネットでの相談も行っているようです。すぐに一社に依頼するのではなく、2~3社に見積もりを出してもらい比較してから検討しましょう。

同じ見積もりでも探偵会社によって設定項目が違うし、単価にもバラつきがあります。総額だけで判断しないで、細かい項目にもしっかり目を通すようにしましょう。

調査の結果、残念ながら本当に浮気をしていた場合、離婚や賠償など法的な手続きを取らざる得なくなることも有ります。

大手の探偵会社の場合提携している法律事務所の弁護士を紹介してくれるサービスがあるところも多いので、自分で弁護士を探す手間が省けて便利です。

関連記事

  1. 浮気の慰謝料の相場について

  2. 信頼できる探偵事務所選びとその働き

  3. 探偵の浮気調査が一番信頼が置けます

  4. 浮気調査を出来るだけ自分でやってみるということ

  5. 妻が浮気調査をするメリットとは

  6. 浮気の時効はあるの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。