探偵に浮気調査を依頼して

浮気調査を依頼するために、都内の有名な探偵を訪れました。

私は当時、付き合っている男性がいましたが、結婚するという流れになり、先方の両親にも挨拶に行きましたし、相手も私の両親に挨拶はすませていました。

でも、婚約とか結納とか、そうゆう形式にのっとったことはしていませんでした。
双方とも、現代は特に形式にとらわれなくても良いという考えのもと、2~3年付き合い、半同棲生活をしていたのです。

ところが、相手がいっこうに結婚式の段取りへ進もうとせず、2年以上、新居探しだけは続けるという中途半端とも思える日々だったのです。

だんだん、私の方も、いったいこの人は何を考えているのだろうと思い始めましたが、私の家に住んでいる方が自分宅にいるよりも長いというような半同棲生活なので、住居費や生活費もずいぶんと私に負担がかかります。
だんだんと、私の両親も、怪訝になってきましたし、たしかに私も、相手の行動に疑いを持ってきたのです。

それは、仕事だと言ったり、何も連絡なしで、私の家には帰ってこずに、かといって、自分宅にも帰宅していないと思える日々が、増えてきたのです。

ただの恋人どおしだったら、そのような行動は仕方ないのでしょうけれど、結婚を前提として半同棲生活を送っている状態で、私の両親も心配しているということでは、これは浮気を疑い、事の真相をつかまなければ…と考えたのは、私の両親でした。
両親は、相手のところへ連絡をし、会いにいってくれたのですが、なんだかんだのはぐらかしばかりだったということで、親が激怒し、浮気調査の探偵をお願いすることにしたのです。

私はその浮気調査の金額がとても高いので、大変に驚いたのですが、両親にしてみれば、バカにするな、と激怒ですし、もし結婚をするならば、本当に誠実な人間かどうか、しっかりとわかってでないと認められないという事なのです。
それは本当に私も同感なので、探偵に浮気調査を依頼することになったのです。

探偵の浮気調査は2~3日でしっぽをつかむ、という戦略で、相手の行動を私からのインタビューで情報収集し、どの2~3日間に設定するかを決めてくれました。

1週間後、調査が完了したということで、事務所を訪れると、探偵の狙った2~3日間で、しっかりとしっぽをつかんだという結果が待ち受けていました。

お見事です。

具体的には、休日の朝からずっと尾行をし、写真に収められていました。

そして、途中で携帯電話で電話をして、昼過ぎに、相手の女性と待ち合わせをしていたのです。

その後、食事の写真も、ドラマかと思うほど上手におさえられていました。

ちょうどその2人は、飲食店の2階へあがり、窓際に座ったので、外から大変によく映っている写真に収められていました。

そして夜へと流れ、相手の家の前でのラブシーン写真。

家へ上がり込まなかったようですが、それはもう言い訳にはなりません。

そしてその日は、私には仕事だと言っていた一日であったことは、言うまでもありませんし、相手の女性が誰であろうと、私には関係ありません。

私と私の両親にとって、これらの写真と結果報告は、相手につきつけるものではありません。

私と私の両親がしっかりと認識し、決別のきっかけとなる証拠です。

いいかげんな男性は、ウソをつくのも上手で、なかなか自分ではしっぽをつかめないものでしょう。
でも、女は直感で浮気していることは、わかってしまうものです。

悶々と考えたり、悩んだり落ち込んだり、本当にそんなやつに自分の大事な時間をとられていてはもったいないのです。

探偵に浮気調査を依頼して、高額ではあるけれど、そんな奴との決別のきっかけとなり、自分の人生をもっともっと尊いものにすることができて、大変に役立ちました。
 

関連記事

  1. 実録現役探偵の浮気調査体験談

  2. 探偵が実際に行った浮気調査について語ります

  3. 探偵の方と知り合って

  4. 浮気調査の結果主人はシロでした

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。